toeic365点の初心者がDuo3.0でどれだけやれるかを試す

英語モルモットが行く

このブログについて

このブログについて

更新日:

英語教育が整いすぎた今だから、必要だと思った

 

簡易プロフィール

 

年齢:25歳

性別:男

最終学歴:高専 専攻科卒 (実質大卒)

直近の英語力:5年前に強制的に受けさせられたTOEIC365点

英語について:全科目中一番嫌い

 

英語教材という大海に投げ出され迷子になった過去

 

皆さん一度は英語を頑張るために参考書を買ったことがあるのではないでしょうか?

私も、就活前にTOEICのために勉強しようと思い本屋に足を運んだことを今でも覚えています。

無数の参考書の中で"TOEIC600点簡単にとるための本"みたいな名前の本を買い英語に励もうとしました。

結果3日以降その本が二度と開かれることはありませんでした。

その後、何回もそんなことを繰り返し、ついには英語をあきらめ、就活は口八丁で乗り切ろうと考え、幸運にもあっさりと就職先が決まりました。

様々な教材を買いましたが結局はどれも続かず、私の”英語”という名の旅は就活終了とともに終了しました。

 

英語から逃げきれなかった

”英語”は終了しました。 といったなあれは嘘だ。

就職して2017年で3年がたちました。

早いものです。

仕事にも、慣れてきたころ上司から

「国際グループに登録しといたからTOEICとっとけよ。」

と言われました。国際グループに登録されたらよっぽどな理由がない限り解除はされず、英語がある程度できないともちろん評価も下がり、昇給ボーナスも厳しい査定が待っています。

私は上司に、なんで登録したんですか?と聞くと

「だって面接のとき海外に行きたいって言ってたじゃん」

はい、言いました。嘘って巡り巡って自分に返ってくるんですね。過去の自分に退路を断たれる痛恨の一撃をもらってしまい、英語という悪魔につかまってしまいました。

 

なぜ、英語で挫折したのかを考える

 

やるしかなくなったので、なぜ英語をマスターできなかったのか?英語の勉強を続けることができなかったのか?を考えてみました。

 

何から手を付けていいかわからない

単語、文法、リスニング…など、ある中で英語初心者にはどれから手を付けていいか全くわからない。

そして、とりあえず手当たり次第にやってみようとして、続かずに終わってしまう。

私はほとんどこのパターンでした。

つまり、まずやるべき勉強を絞ることが重要なはずだ。

 

上達を実感できない

やはり上達が実感できないと中々続けることはできない。

私の経験では、単語の暗記をしてもなかなかその単語が出てこず、勉強の意味や達成感をまるで感じることができなかった。

つまり、すぐに上達もしくは効果を実感できるものでなければならない。

 

学問としてのボリュームが多い

一番の問題はこれかもしれない。

英語をマスターするには0からだと3000時間ほど必要とするらしい。

もちろんこれはマスターするための時間のため、日常会話程度やメールのやり取り程度ぐらいならもっと少ないだろうが、それでも非常にボリュームがあることは間違いない。

つまり、続けやすい勉強法でなければならない。

 

ズバリTOEIC975点に聞いた攻略法”オーバーラッピング”

なんで挫折したのかを確認した私は勉強法を検討することにしました。

幸運にも、私にはTOEIC975点を取ったことのある友人がいます。

彼は帰国子女なのですが、生まれた時からアメリカにいたわけではなく、お父さんの仕事の関係で中学生の時に2年程度アメリカで生活していました。

そのため、非常に英語が堪能です。

しかも、”中学生から”というのが非常に重要なポイントで小さい時から自然に身についた英語ではないわけです。

つまり彼なら効果的な勉強法を知っているのではないか?と考え聞いてみました。

彼曰く、「オーバーラッピングを極めるべし」

「日本の英語は紙の上で完結させようとしている。紙の上で解く学問になっているせいで英語脳ができない。オーバーラッピングは無理やり英語脳を作る方法で単語やるにしても文法やるにしても、オーバーラッピング後のほうが何倍も効率がいい。」

私は上の言葉に妙な納得力を感じて、オーバーラッピングから始めることに。そしてそれはすぐに実感できるトレーニングでした。

→なぜオーバーラッピングを選んだのか

 

万を持して英語モルモット、始動!

そして最後に、世の中に英語学習をサポートするサイトや教材はいくらでもあります。

ただし私が知っている限り、英語学習の過程をしっかり記したサイトというものは数えるほどしかありません。

私みたいに英語に対してどうすればいいかわからない人はたくさんいると思います。

そんな皆さんの役に立てるように、せっかく勉強するんだから全部さらします!

まあ、Wordpressの練習だったり、皆さんに見てもらったほうが続けやすいんじゃないかとかも理由ですが(笑)

とにかく、英語学習のモルモットとして、英語苦手の治療法を確立していく所存です!

→学習記録

-このブログについて

Copyright© 英語モルモットが行く , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.